TOPICS

2019年5月31日

ニュースリリース

プレスリリース:サピエントグループ企業 ㈱CO2資源化研究所が「CO2ポリエチレン」を開発

弊社グループ企業 ㈱CO2資源化研究所(代表取締役 湯川英明)が、脱石油100%の「CO2ポリエチレン」を開発し、世界初の特許を取得しました。
ポリエチレンはポリ袋や食品トレイになる材料で、海洋への廃棄が深刻な環境問題になっており、2050年海の中は、ポリ廃棄物の量が魚より多くなると言われています。子供たちの未と私達の美しい地球を守る為に、CO2資源化研究所は研究開発と産業化を、㈱サピエントはマーケティングと商品開発を担当し、共に力を合わせ参ります。プレスリリースはこちらよりご確認下さい。
また、近々新しいニュースをお知らせします。CO2を活用した研究開発と産業化に向けて一層努力をして参ります。  

以上