スタッフインタビュー Staff Interview

Interview 001
柚木直美 [研修講師・インストラクター]

私がこの仕事に就いたきっかけは、学生時代のアルバイトでした。
実は卒業旅行のお小遣いを稼ぎたくて、軽い気持ちで、キャンペーンスタッフのアルバイトなどを始めました。学校が忙しい私は、週末2〜3日の短期間のアルバイトというのは魅力で、キャンペーンスタッフ以外にも、展示会のアテンダントやナレーターなど、色々なお仕事を経験しました。

今はこうして大勢の方の前で研修を行っていますが、もともと子供の時は人見知りでした。一人っ子でしたし、どちらかといえばおとなしいタイプだったと思います。
それがこの仕事を始めてから、人と会って、人と話したりするのが好きな自分を発見しました。

学校を卒業後、ナレーターやMCとして仕事をしていく道を選びました。
展示会などの現場で、人前で話すという経験を沢山積み、20〜30代前半までは、その仕事をメインで行ってきました。
30代半ば位になった頃でしょうか。サピエントの社長から、「そろそろ研修講師という仕事にもチャレンジしてみない?」という話を頂きました。
研修講師という仕事が私に務まるのかという不安もありましたが、社長から、“研修講師は教える仕事だと考えるから、自分に出来るか心配になるのよ。受講生を成長させるサポーターだと思って、気負わずにチャレンジしてみては?”と、背中を押され、やってみよう!という気になりました。
今は、研修講師という仕事を始めて、10年以上経ちます。
研修の中で受講生にアドバイスをし、受講生にハッと気付きがあった瞬間を感じ取った時は、なんとも嬉しいですね。それが仕事の充実感にも繋がっています。
研修のスタイルも様々です。一方的にカリキュラムに沿って講義をする形式の研修も得意ですが、最近では実際にお仕事している様子を拝見し、受講生とコミュニケーションを取ってアドバイスをしながら、一緒に作り上げていくというスタイルの研修も行っています。私自身、研修講師としても経験を積み、スキルアップ出来たのを感じていて、この研修講師のお仕事を今では天職だと思っています。
毎回、研修のお仕事の依頼が入る度、今度はどんな研修にしていこう、どんな方々と会えるんだろう!とワクワクします。

研修のお仕事では全国を飛び回っています。行っていない都道府県はないんじゃないかな。
各地の名産やホテルにも詳しくなりました。
お気に入りの温泉付きのホテルに宿泊し、美味しいものを食べる!それもこのお仕事の醍醐味です。
どんなに朝早い研修でも、それを楽しみの一つとして頑張れるんです。
研修講師をしている仲間も沢山出来ました。仕事のことは勿論ですが、そういった現地でのひそかな楽しみ方を、皆で情報交換することもあります。

最近の趣味は一眼レフカメラ。少しずつ勉強中です。せっかく全国を飛び回っているので、たまには各地の写真なども素敵に撮影できるようになれるといいなと思っています。

仕事もプライベートも、とにかく何でも楽しんでやる!それが私のモットーです。
これからも様々な喜びを感じながら、受講生の皆さんとともに自分自身も挑戦を続けていきたいと思います。